現在地
HOME > 企業情報 > コンプライアンス

コンプライアンス

住友化学は、創業以来、「住友の事業精神」を礎として事業活動を行っています。事業精神には、住友の事業は、住友自身を利するとともに、国家を利し、かつ社会を利するものでなければならないと規定され、事業の遂行における公益との調和を求めています。
公益と調和するとは、コンプライアンス、すなわち法令を遵守することはもとより、社会規範や企業倫理に応じた行動を通じて健全かつ公正な事業活動を行い、社会の利益に資することを意味します。すなわち、「住友の事業精神」は、当社の企業コンプライアンスの原点そのものです。
住友化学グループは世界中で事業を展開していますが、文化や社会環境の異なる国々において事業を維持・発展させていくためには、グループ各社が、責任ある企業市民として、様々なステークホルダーとの間で信頼関係を築くことが不可欠であり、コンプライアンスの重要性は益々高まっています。

以下では、当社が、グループ全体としての視点から実施しております、コンプライアンスの徹底に向けた具体的な取組みの一端をご紹介します。