現在地
HOME > 企業情報 > コンプライアンス > 住友化学グループにおけるコンプライアンス体制

住友化学グループにおけるコンプライアンス体制

コンプライアンス制度

住友化学では、役職員一人ひとりがコンプライアンスを徹底していくため、コンプライアンスに関する社内ルールを明確に規定することに加え、役職員が業務遂行において守るべき指針を具体的に示すとともに、コンプライアンスの状況を監督、調査し、違反行為への対応や防止といった役割を担う専門組織としてコンプライアンス委員会を設けています。
コンプライアンス委員会は、コンプライアンスの確実な実現のためには、全役職員一人ひとりに対するコンプライアンス教育の徹底が重要であると考えており、様々な研修などの活動にも傾注しています。さらに、役職員が、社内においてコンプライアンス違反またはそのおそれのある行為を発見した場合、社内外の専門窓口に通報できる「スピークアップ制度」を整備しており、事態の早期かつ迅速な是正を行うとともに、違反行為の防止に注力しています。
なお、住友化学グループ全体としてのコンプライアンスの徹底を図るため、グループ各社においても、当社と同等のコンプライアンス制度を整備しています。
以下にて各取組みの概要についてご紹介します。

コンプライアンス組織

コンプライアンス委員会は、全社的な視点からコンプライアンスに関する活動を行う組織であり、社長が任命する委員長と数名の委員および日常的に具体的な活動を実施する事務局から構成されています。同委員会は、会社全体のコンプライアンス状況について監督し、違反行為があれば直ちに調査を実施し、必要な対応をとるとともに、役職員に対して教育・研修を定期的に提供する等、確実なコンプライアンス実施のための諸施策を立案・実施しています。
また、委員会は、国内外のグループ各社におけるコンプライアンス状況に関して、自社と同様の調査・監督権限を持っています。

スピークアップ制度

スピークアップ制度は、当社の役職員とその家族、グループ会社の役職員、取引先などの当社の事業に何らかの関与のある方々が、当社またはグループ会社におけるコンプライアンス違反またはそのおそれのある行為について、コンプライアンス委員会に通報するための制度です。
通報者は、コンプライアンス委員会に直接、または会社が指定する社外弁護士を通じてコンプライアンス委員会に通報することができます。通報を受けたコンプライアンス委員会は、事実関係を迅速に調査の上、必要な是正措置などを実施します。
委員会は、調査にあたり、通報者のプライバシーや秘密保持に最大限の配慮を行います。また、誠実に通報を行った通報者は、通報を行ったことを理由として解雇、配転、差別などの不利益を受けることはありません。
当社は、この通報制度により、 早期段階での事態の迅速な把握と是正を通じて、より効果的なコンプライアンスの実現に向けた活動を強化しています。
当社の役職員の家族、グループ会社の役職員、取引先などの当社の事業に何らかの関与のある方がスピークアップ制度をご利用される場合はこちらをご覧ください。

コンプライアンス教育

企業価値を高め、社会の信用を保ち、公正な事業活動を行う企業であるためには、役職員一人ひとりが高い倫理観とプロフェッショナルであるとの自覚を持って業務の遂行にあたることが重要です。このため、当社では、役職員に対し以下のようなコンプライアンス教育および研修を行っています。

  1. コンプライアンス行動指針の提供
    役職員の一人ひとりが遵守すべきコンプライアンスに関する具体的な行動指針を定めたコンプライアンスマニュアルを全役職員に配布しています。コンプライアンスマニュアルは、法令の改廃等を反映するために必要に応じて改訂しております。
    コンプライアンスマニュアルには、役職員が日常業務の遂行において守るべき①法規制や社会の要請への対応、②顧客、取引先、競争会社との関係、③株主、投資家との関係、④社内職場における遵守事項、⑤社内規則の遵守、会社財産の取扱などに関する事項について、具体的な行動指針を明記すると共に、個別項目に関する社内の相談部署等を詳細に記載しています。
  2. 集合方式によるコンプライアンス教育・研修の実施
    全役職員に対して定期的にコンプライアンス研修を実施しています。さらに、入社時や昇進時等、社内における本人のキャリアパスの主要各ステージにおいて必要なコンプライアンス研修も実施しています。また、このようなコンプライアンス全般に係わる研修に加え、個別の法令や規制等についての研修も適宜行っています。
  3. eラーニング方式によるコンプライアンス教育・研修の実施
    2014年2月より、役職員がいつどこにいても、必要なコンプライアンス教育や研修を自らのスケジュールに合わせて受講することができ、また、双方向コミュニケーションによる学習が可能であるeラーニング方式を利用したコンプライアンス教育・研修を実施しています。このe-ラーニング研修では、具体的な事例を用いて、コンプライアンス違反は日常の業務において誰にでも起こりうることを示すとともに、当社が過去100年間にわたり事業を継続、発展することが出来ているのは、その基盤として400年以上にわたり脈々と引き継がれている住友の事業精神が「コンプライアンス」の精神に根ざしていることを再認識してもらうことを主眼としています。
    従来の集合形式によるコンプライアンス研修と、双方向コミュニケーションが可能なeラーニング方式の研修を組み合わせることにより、役職員はコンプライアンスについて、より正確で深い理解を得ることができます。