現在地
HOME > CSR > 住友化学グループのCSRとは >CSR基本方針

CSR基本方針

住友化学グループは、住友の事業精神や企業行動憲章を踏まえて、CSR基本方針を2004年11月に制定し、2016年3月には本方針を一部改訂しました。
この基本方針のもとで、具体的な取り組み目標を設定し、CSR活動を実施しています。

CSR基本方針

住友化学グループは、新しい価値を生みだし、提供しつづけることによって、企業価値を向上させ、人々の豊かな暮らしづくりや、私たちの社会や地球環境が抱える問題の解決に貢献してまいります。

そのためには、住友化学グループは経済性の追求、安全・環境・品質保証活動、社会的活動のそれぞれに積極的に取り組み、また株主、社員、取引先、地域社会の方々等、関係するあらゆるステークホルダーの皆様の関心に配慮しながら、CSR活動を推進してまいります。これらの取り組みを通じて、社会の持続可能な発展に大きな役割を果たし、同時に自らも発展を続け、住友化学グループが21世紀に目指す姿である「真のグローバル・ケミカルカンパニー」となることを実現したいと思います。