現在地
HOME > 株主・投資家情報 > イラストで紹介!工場見学

イラストで紹介!工場見学

住友化学の千葉工場と、愛媛工場の製造工程を当サイトで紹介します。

  • 当サイト上での見学ポイントです。製造工程を紹介しています。 マウスオーバーで写真をご覧いただけます。

愛媛工場 アクリロニトリル工場 硝酸工場 CPL工場 メチオニン工場 高純度アルミナ工場 スーパーエンジニアリングプラスチック工場 愛媛工場 メチオニン工場 高純度アルミナ工場 PES LCP工場

愛媛工場

愛媛工場は、新居浜地区と菊本地区の2地区、総面積318万m2に及ぶ当社の主要製造拠点です。
新居浜での住友の事業は、別子銅山の開発に端を発しております。当社は、1913年に、別子銅山の副産物から肥料を作ったのがはじまりです。

アクリロニトリル工場

毛布、セーター、カーペット等に使われているアクリル繊維の原料を生産しています。

硝酸工場

硝酸は、さまざまな反応に必要な触媒や副原料として欠かせない基幹原料です。

カプロラクタム工場

合成繊維の6ナイロンの原料として、水着、ナイロンストッキング、タイヤコード等に使われています。

メチオニン工場

必須アミノ酸として、ニワトリ、ブタ等の飼料に微量添加されている「メチオニン」を製造しています。
より詳しくはここをクリック

高純度アルミナ工場

当社の高純度アルミナは、耐熱性、絶縁性、耐摩耗性、耐食性といった優れた物理化学特性を有するアルミナの中でも、純度が99.99%以上のものを指し、愛媛工場と韓国の工場で製造されています。
より詳しくはここをクリック

スーパーエンジニアリングプラスチック工場

この工場では、熱可塑性樹脂の中で最高レベルの耐熱性に加え、優れた機械強度、耐薬品性を有する「スーパーエンジニアリングプラスチック」を製造しています。
より詳しくはここをクリック

各地区の概要(愛媛工場)

新居浜地区では、アクリロニトリル、カプロラクタム、アニリン、メチオニンなどのアンモニア系バルク製品、肥料、石油系バルク製品であるMMAモノマー、事業開始当時から継続している硫酸、硝酸などの基幹原料、バルク製品だけではなく機能性樹脂原料や医農薬原料などのファイン製品、メタクリル樹脂などのポリマー製品といった、化学工場における様々な種類の製品を同一地区にて生産しているユニークな工場となっています。事務所、各研究所等もこの地区にあり、愛媛工場の基幹地区です。
新居浜地区の面積は約195万㎡、甲子園球場の51個分(東京ドーム42個分)の広さとなります。

菊本地区では、1936年にアルミニウム製錬を開始したのが始まりです。現在では、アルミニウム製錬自体は実施しておりませんが、アルミ・アルミナ関係の製品とアルミとともに発展した塩素系製品を主に作っています。
菊本地区の面積は約123万㎡、甲子園球場の32個分(東京ドーム26個分)の広さとなります。

  • 当サイト上での見学ポイントです。製造工程を紹介しています。 マウスオーバーで写真をご覧いただけます。

千葉工場 ポリプロピレン工場 プロピレンオキサイド工場 石油化学品研究所 排水処理設備 姉ヶ崎事務所 大気汚染防止設備 千葉工場 ポリエチレン工場 ポリプロピレン工場 プロピレンオキサイド工場 石油化学品研究所 ポリエチレン工場

千葉工場

千葉工場は、姉崎地区、袖ヶ浦第Ⅰ地区、第Ⅱ地区の3地区、総面積217万m2におよぶ、石油化学部門の製造拠点です。併設する石油化学品研究所とも連携し、サウジアラビアやシンガポールなどにおける、石油化学部門のグローバルな事業展開を支えています。

ポリプロピレン工場

「気相法」という自社開発の触媒・プロセスを用いた方法でポリプロピレンを製造している工場となっています。

プロピレンオキサイド工場

世界初の副生品を伴わない製造プロセスでプロピレンオキサイドを製造している工場となっています。

石油化学品研究所

石油化学部門の研究開発拠点として、研究効率とスピードを追求したポリマーの開発、触媒や製造プロセスの開発・改良などを行っています。

排水処理設備

化学反応にともなって発生する多種多様な排水については、それぞれの性状に応じた処理を施しています。すなわち、有機物を含む排水については液中燃焼処理や活性汚泥処理、浮遊物質を含むものについては凝集沈殿処理や砂ろ過処理、また油分を含むものについては平行板式油水分離処理を行うなどの総合排水処理システムにより、浄化してから排出しています。

姉崎事務所

大気汚染防止設備

千葉工場は、自家発電用のボイラーや化学プロセス用の加熱炉を多数保有していますが、こうした設備で燃料を燃やしたときに、ばい煙(硫黄酸化物、窒素酸化物、ばいじんなど)が発生します。ばい煙を大気に排出するのを抑制するために、良質な燃料を使用したり、排煙脱硫設備、排煙脱硝設備、電気集塵機を設置しています。

各地区の概要(千葉工場)

袖ヶ浦Ⅱ地区では、ポリエチレン、ポリプロピレン、プロピレンオキサイドなどの生産を行っています。袖ヶ浦Ⅰ地区では、レゾルシン、エチレン・プロピレンゴムなどの合成ゴムの製造を行っています。また、化合物半導体エピタキシャルウエハーなどの電子材料分野にも進出しています。姉ヶ崎地区では、ポリエチレン、アセトアルデヒド等の製造を行っています。

石油化学製品ができるまで

原油から千葉工場の主要な石油化学製品ができるまでの流れを紹介します。
見学ポイント…当サイト上で製造工程を紹介しています。

見学ポイント ポリエチレン

見学ポイント ポリプロピレン

見学ポイント プロピレンオキサイド

  • 当サイト上では、実際の製造工程を簡略化、図式化して紹介しています。