現在地
HOME > 事業・製品 > 石油化学部門 > 拠点情報

石油化学部門

ポリエチレン、ポリプロピレン、メタクリル樹脂などの合成樹脂や、合繊繊維原料、各種工業薬品など、顧客の幅広いニーズに応え、さまざまな産業の礎となる化学製品を提供しています。

愛媛工場

愛媛工場全景

1913年、住友が経営する銅の製錬所で問題となっていた煙害を解決するため、亜硫酸ガスから過燐酸石灰を製造することを目的に設立されたのが愛媛工場です。住友化学の事業発祥の地で、愛媛工場は当社の歴史とともにその変貌を遂げてきました。日本の近代工業の発展を背景に工業薬品の製造を開始、1958年にはいち早く石油化学分野に進出しました。事業再編の一環で、エチレンおよび一部の誘導品プラントは1983年に休止しましたが、豊富な基幹原料をベースに、カプロラクタム、メタクリル樹脂などのバルク製品から、飼料添加物であるメチオニンなどのファイン製品、光学機能性フィルムなどのエレクトロニクス製品まで、積極的に製品の多角化を進めてきました。2009年には、光学機能性フィルムなどの製造ラインを有する大江地区が、大江工場として発足。新たな事業展開に柔軟に対応するとともに、当社の多様な事業を支えています。

主な製品
硫酸/硝酸/アニリン/アクリロニトリル/カプロラクタム/苛性ソーダ/メタクリル樹脂/アルミナ/高純度アルミナ/電子工業用高純度薬品/スーパーエンジニアリングプラスチックス/農薬/医・農薬中間体/メチオニン

千葉工場

千葉工場全景

1967年、愛媛工場に続き当社の第2の石油化学コンビナートとして、京葉工業地帯で操業をスタートしました。1983年、石油化学事業の再編・合理化計画により、石油化学製品の生産を千葉工場に集約。既存製品の能力を増強するとともに、愛媛工場の一部誘導品の製造を引き継ぎ一層の競争力強化を図りました。現在は合成樹脂、合成ゴム、有機薬品のほか、化合物半導体(MOエピウエハ)などの電子材料分野の製品も展開しています。高付加価値製品の強化・拡充に努めるとともに、製造技術の新規開発、ブラッシュアップを推進し、シンガポールやサウジアラビアにおける大型海外プロジェクトを支援。グローバルな石油化学部門の事業展開の中核となるマザー工場としての役割を担っています。

主な製品
アセトアルデヒド/プロピレンオキサイド/イソブチレン/ノルマルブチレン/低密度ポリエチレン/ポリプロピレン/エチレン酢ビ共重合樹脂/熱可塑性エラストマー/スチレン・ブタジエンゴム/エチレン・プロピレンゴム/レゾルシン/化合物半導体(MOEPIウエハ)

石油化学品研究所

石油化学品研究所

事業の維持・拡大のため、研究効率とスピードを追求したポリマーの開発、触媒や製造プロセスの開発・改良、構造解析などを行っています。高分子設計、有機合成、触媒設計、分析・物性評価、計算機シミュレーションなど、開発を支える基盤技術の質を高め、最新の科学をベースとした技術の確立や、新たな研究テーマの創出を目指しています。