現在地
HOME > 研究開発 > ヒトゲノム・遺伝子解析 研究倫理審査委員会 > 概要

概要

二重らせんDNA

ヒトゲノム・遺伝子解析研究は、生命科学の進歩に大きく貢献する可能性がある一方で、研究の過程で得られた遺伝情報は、その取り扱いによっては、さまざまな倫理的、法的または社会的問題を招く可能性があるという側面があり、慎重な配慮が必要とされます。

住友化学は、当社において実施するヒトゲノム・遺伝子解析研究に関し、「ヘルシンキ宣言」(世界医師会)等に示された倫理規範を踏まえ、また、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」(平成16年12月28日、平成17年6月29日および平成20年12月1日一部改正、文部科学省、厚生労働省、経済産業省)にのっとり、生命倫理の観点から遵守すべき基本的な規則を定めています。

また、機関内倫理審査委員会として「ヒトゲノム・遺伝子解析研究倫理審査委員会」を設置し、ヒトゲノム・遺伝子解析研究(計画)の倫理的妥当性および科学的妥当性を総合的に審査し、ヒトゲノム・遺伝子解析研究の適正な実施を図っています。