現在地
HOME > 研究開発 > 研究報告 > 研究開発論文 > 住友化学 技術誌  1994 - II (1994年11月29日発行)

研究報告

住友化学 技術誌  1994 - II (1994年11月29日発行)

透明遮音板用メタクリル樹脂板-スミカクリーン ED-

スミカクリーンEDは、主として高速道路の透明遮音板用に開発したメタクリル樹脂板であり、耐衝撃性、耐風圧性、遮音性、耐候性、耐汚染性等に優れるという特徴を有している。このように優れた特徴を有するスミカクリーンEDの開発経緯について述べるとともに、スミカクリーンEDの諸性能を紹介する。
( page 4-13 by 比延田和夫、落合伸介、徳山恒一、赤田勝巳 )

樹脂製コンクリートパネル-カタワーク-

樹脂製コンクリートパネル「カタワーク」は合板製型枠の代替材料として、ガラス繊維強化ポリプロピレンを主材料として開発された。大型成形品の一体同時成形が可能なSPモールド技術を用いて成形することにより、変形の少ない、強度、耐候性、加工性に優れた製品が得られた。従来の合板製型枠、鋼製型枠と比較して軽量、施工性、リサイクル性などの面で優れる。また合板を代替することで地球環境保護に大きく寄与する製品である。
( page 14-19 by 原 孚尚、山蔦浩治、中村之人、大村吉典 )

櫛形ポリマーポリオール系多機能添加剤-スミエード 、スミガード-

低分子量EVAを変性して得た櫛形ポリマーポリオールは、樹脂・ゴムとの混合性、機能発現性から種々の応用が可能である。本稿では、櫛形ポリマーポリオールを主成分として設計した樹脂用添加剤スミエードによる加工性改良、永久帯電防止性付与、ならびにゴム用添加剤スミガードによるブルーム防止、金型汚染防止についての応用例を中心に紹介する。
( page 20-28 by 山口 登、原寿三男、藤木 徹 )

新規ベンゾジフラノン系分散染料Sumikaron Brilliant Red S-BWF

スミカロンブリリアントレッド S-BWFは、ベンゾジフラノン系に属する新規赤色分散染料であり、良好な染着性と優れた湿潤・洗濯堅牢度を特徴とする。この染料の発明は、分散染料の湿潤堅牢度の解析とベンゾフラノンの化学に関する詳細な検討に基づいている。本稿では、ベンゾジフラノン染料の染色力における定量的構造性能相関、新規合成法の開発および本染料の主要な性能について紹介する。
( page 29-40 by 植田泰嘉、山本陽介、勝田修之 )

染色体異常試験の自動化-分裂中期像の自動検出-

画像解析装置(マジスキャン)を応用した染色体異常観察システムを構築した。システムは、染色体標本上の分裂中期像を自動的に検出する本体と、検出した分裂中期像の位置を顕微鏡下で自動的に再現する観察用のサブシステムからなり、システムの導入により観察作業の省力化が達成された。本稿ではシステム開発の経緯、従来法との比較、今後の展開について紹介する。
( page 41-49 by 原 正樹、小田原恭子、山本圭介、中塚 巌 )

計算機による材料設計の現状と展望

計算機による材料設計で用いられる代表的な手法を簡単に解説し、高分子材料分野、光電材料分野、表面及び触媒分野での材料設計の現状について述べ、その展望にも言及した。
( page 50-65 by 後藤文郷、石飛昌光、遠藤智明、石田雅也、中園明子、善甫康成、吉田元二 )

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader®が必要です。