現在地
HOME > 研究開発 > 研究報告 > 研究開発論文 > 住友化学 技術誌  1995 - II (1996年01月30日発行)

研究報告

住友化学 技術誌  1995 - II (1996年01月30日発行)

LCD用光学フィルムの高機能化

LCDは表示特性の改良や新市場の開拓により、その市場規模を急激に拡大している。当社においてもLCDの表示特性を改良するために、位相差フィルム「スミカライト」、偏光フィルム「スミカラン」を上市以来これらLCD用光学フィルムの偏光性能の向上や表面特性、視野角特性の改良など様々な改良検討を進めている。本報では当社におけるLCD用光学フィルムの高機能化に関する検討状況について述べた。
( page 4~12 by 藤田 文男、坂倉 和明、康乗 幸雄、蔵田 信行、東 浩二、大西 敏博、荻野 和哉 )

ヒト薬物代謝酵素を発現する組換え体酵母の作製と利用-I

チトクロムP450は生物界に広く分布するヘム酵素で、分子状酸素を活性化し、多数の脂溶性化合物に一原子酸素を添加する反応を触媒する。分子生物学の進展により、P450が分子多様性を示すことが分子レベルで明らかになってきた。また、遺伝子工学の手法を用いることにより、ヒトを含む哺乳動物のP450 分子種を酵母などの微生物で発現させることが可能になった。当社は、ヒト肝臓に存在し、外来薬物の酸化的代謝に関与する主要P450分子種11種類をそれぞれ酵母で発現させることに成功した。ヒトP450分子種を発現する組換え体酵母を用いると、新規開発化合物のヒトにおける代謝を、in vitroで容易に予測することが可能になる。特に、ヒトにおける薬物代謝の遺伝的多型に起因する個人差が知られており、これらP450分子種の関与や主要代謝物の分析、同定などは、新規化合物の開発に重要な情報を与えてくれる。
( page 13~21 by 薮崎 義康、秋吉 恵、林 浩司 )

エチレン-酢酸ビニル系共重合体エマルジョン -スミカフレックス-

エチレン多元共重合体エマルジョンの基本的な品質設計要因の概要を解説した。また、接着剤及び紙、繊維分野用エマルジョンで、数種のグレードについて性能紹介を行なった。
( page 22~29 by 吉井 右治、富沢 長二、光武 達雄 )

SR-SAXSによるPPE系ポリマーアロイの塑性変形機構の解析

PPE系ポリマーアロイの衝撃強度発現機構についてSR-SAXSのデーターを中心に紹介する。PPE/ナイロン アロイではゴムの特性によりクレージングあるいはキャビテーションとその塑性変形過程は大きく変化した。PPE/PSアロイにおいて、PPE含量の高いバイモーダルゴム粒子系は単独粒子系と比べて多くの剪断変形とクレーズが生じることが定量的に確認された。それは剪断変形がマトリックスの配向を高めクレーズの成長を安定化させているためと考えられた。
( page 30~39 by 伊地知 靖人、佐賀 裕司、藤井 丈志、山本 圭作 )

新規グラフト共重合体からなる熱可塑性エラストマー

エチレン・アクリル酸エステル系ポリマーにP-ヒドロキシ安息香酸オリゴマーをグラフト共重合することにより、これまでの熱可塑性エラストマーにはない耐熱性と柔らかさを兼備した新規な熱可塑性エラストマーを開発することができた。
( page 40~49 by 庭野 正廣、真鍋 健二、村瀬 一基 )

住友化学のレスポンシブル・ケアヘの取組み

レスポンシブル・ケア活動の歴史および日本における状況を簡単にふれ、住友化学における社内体制・規程類の整備、内部監査および保安管理ガイドライン作成等の取組みについて記述した。また、当社のレスポンシブル活動をサポートする生産技術センターおよび生物環境科学研究所における取組みについても述べた。
( page 50~54 by 福永 忠恒 )

毒性発現機構の解明研究 -意義と重要性-

毒性発現機構の解明研究の意義と重要性を、スミサイジンの光学異性体間の毒性の差、有機リン剤のラットにおける急性毒性の性差、α2uグロブリン腎症の検出マーカー、ラットにおける甲状腺ホルモンレベルの変動と肝薬物代謝酵素誘導剤の関係の研究例により紹介した。今後の研究として酵母発現ヒトチトクローム P450を用いた代謝研究、培養細胞内発現ヒトレセプターを利用した毒性研究の事例をあげ、毒性発現機構の解明研究の将来展望について述べた。
( page 55~63 by 斎藤 幸一、冨ヶ原 祥隆、斯波 久二雄、金子 秀雄、中塚 巌 )

生産システムにおける技術開発の取組み -化学プラントの自動化から加工組立型プロセスまで-

近年、生産をとりまく環境はボーダレス、価値観の多様化等によって大きく変化してきている。このような企業環境等の変化、技術革新の動きに対し、生産加工技術グループの化学プラントの自動化から加工組立プロセスまでの生産システムに関する技術開発の取組みを事例をまじえて紹介する。化学プラント自動化では、3K対策を中心に人にやさしい生産システムへのアプローチを、また加工組立プロセスでは必要技術、技術開発方法について装置開発及び要素技術開発面から概説した。
( page 64~72 by 中井 敏雅、山口 隆行、廣瀬 修、鈴木 孝志 )

データベース活用による研究開発の推進 -有機合成研究支援としての情報調査-

研究開発における情報の収集と活用が重要になっている。当社では、有機合成関連の研究推進のためデータベースの利用と活用に力を入れている。商用オンラインデータベースとインハウス反応データベースの現状を概観し、検討事例を紹介した。また、今後のデータベースの利用等について展望した。
( page 73~83 by 江本 義一、吉森 賢次、岡 紀子、谷井 久美子、片岡 みか、佐藤 洋 )

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader®が必要です。