現在地
HOME > 研究開発 > 研究報告 > 研究開発論文 > 住友化学 技術誌  1996 - II (1996年11月29日発行)

研究報告

住友化学 技術誌  1996 - II (1996年11月29日発行)

高性能アルミナ“スミコランダム”の開発

アルミナは世界で最も広く使用されている酸化物粉末である。新しい粉末合成技術により、理想に近いアルミナ粉末“スミコランダム”を開発した。粒子径が精密制御されたスミコランダムは、アルミナの世界を変えていく可能性を秘めている。スミコランダムの優れた特長と応用を紹介する。
( page 4~14 by 毛利 正英、田中 紳一郎、内田 義男、沢辺 佳成 )

雄性生殖毒性の評価

従来、雄性生殖能力は被験物質を投与した後に雌動物との交配試験を行い評価してきたが、近年この方法はヒトの安全性評価系として検出感度が低いとの指摘を受けるようになった。毒性試験ガイドラインの国際的ハーモナイゼーションを契機に、適切な雄性生殖毒性検出法を確立するため、厚生省は国立衛生試験所および民間16企業の研究機関による共同研究班を組織した。本報告ではこの共同研究への参画を中心として実施してきた雄性生殖毒性評価法の確立について記述した。
( page 15~24 by 佐々木 まどか、内海 透、樋口 敏浩、川村 聡、奥野 泰由、甲田 彰、細川 俊治、松尾 昌季、加藤 暉成 )

新規防蟻剤バクトップMC

住友化学が開発上市した白蟻用新規マイクロカプセル剤(バクトップMC)の開発の経緯、物性、取り扱い性、効力、毒性および作業者・居住者安全性についてまとめた。
( page 25~32 by 大坪 敏朗、藤本 いずみ、角田 泰 )

ノンアンカー押出ラミネート加工技術

食品包装材料に多用される押出ラミネートフィルムの製造において、基材フィルムと溶融樹脂の接着にはアンカーコート(AC)剤が必須である。有機溶剤を用いるAC処理接着技術は、作業環境面や安全面から改善が求められている。住友化学は基材の表面活性化処理と溶融樹脂のオゾン処理技術を組み合せることで、AC剤を用いる場合と同等の接着性が得られるノンアンカー押出ラミネート加工技術を開発した。
( page 33~43 by 林田 晴雄、石橋 文男、高畑 弘明、後藤 裕嗣 )

モデリング技術による生産技術高度化

モデリング技術は対象プロセスをモデル化しコンピュータ処理によってその構造の明確化、定量的把握を可能とし、あるいは運転を自動化できるものである。ここではプロセスシミュレーション技術、熱流動解析技術、プロセス制御技術について最近の動向を述べた。応用例の紹介として蒸留搭制御系設計、トータルプラント最適化、酸化反応器流動解析、製品銘柄切り替え運転、フィルム延伸装置の設備改良・高度制御について述べた。
( page 44~53 by 森 章 )

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader®が必要です。