現在地
HOME > 研究開発 > 研究報告 > 研究開発論文 > 住友化学 技術誌  2004 - II (2004年11月30日発行)

研究報告

住友化学 技術誌  2004 - II (2004年11月30日発行)

MMAモノマー製造技術の動向と展望

MMA事業は住友化学にとって基礎化学品の大きな柱の一つであり、需要が伸びているアジア地域に積極的に事業を拡大しようとしている。MMAモノマーの製造技術は現在5つの方法が並存しており、圧倒的に優位な方法が存在していない状態にあるが、当社も採用しているC4法がその勢力を伸ばしつつある。C4直酸法を中心とした現行法の紹介と期待される次世代技術について解説する。
( page 4~14 by 永井 功一,宇井 利明 )

CAO技術を用いたプラスチック製品設計

今日、プラスチックCAE(Computer Aided Engineering)は、プラスチック製品設計において、必須の技術として利用されている。一方、本技術は、実用化が始まった CAO(Computer Aided Optimization)技術と統合することにより、プラスチック製品の自動最適設計が可能となり、より一層の製品設計の期間短縮や、開発コスト低減、および製品の品質・性能向上を図ることができ、さらに材料開発の強力な支援技術となりうる。本稿においては、我々が構築してきたプラスチックCAEと CAOの統合技術の概要、適用事例および統合プラスチック製品最適設計システム(SIDOS)について紹介する。
( page 15~25 by 東川 芳晃,広田 知生,永岡 真一 )

医薬品開発における薬物動態研究の重要性と今後の展開

近年、新医薬品開発における薬物動態の重要性が益々認識されつつある。すなわち、各開発段階(創薬/探索段階ならびに開発/市販後段階)において、タイムリーに、且つ的確に提供される動態情報が、開発の可否決断のための有用な科学的根拠と成ることが多くなっている。本著では、具体例を交えて、薬物動態研究の実際を述べるとともに、これからの新展開についても紹介したい。
( page 26~34 by 佐藤 公彦,渡邉 貴夫,西岡 和彦,矢吹 昌司,小室 勢津子 )

Oncology領域における核医学診断の新たな挑戦

腫瘍領域における画像診断は、形態学的情報にもとづいて行われているが、その限界も指摘されている。腫瘍局所の生物学的な特徴を画像化する functional imagingは、解剖学的な情報にもとづいた画像診断や、生検が根本的に保有する問題点を解決する方法であり、核医学診断は、これらの問題点を解決する可能性を持っている。本稿では、このfunctional imagingを実現するための放射性医薬品研究の現状について紹介する。
( page 35~44 by 服部 英史,豊原 潤 )

電子顕微鏡の最新技術と将来展望

性質の異なる物質や相をナノメートル(nm)オーダーで組み合わせることにより行われている先端材料の開発には、サブnmオーダー(原子オーダー)の空間分解能で形状観察ができる透過型電子顕微鏡(TEM)は必須の構造解析法である。さらに最近の技術的な進歩によりTEMを用いた元素分析法はnmオーダーの空間分解能を有するに至っており、形状と組成の両面からの構造解析が可能となっている。TEMを中心とした電子顕微鏡技術の最近の進展とその原理、応用例と将来展望について紹介する。
( page 45~54 by 本多 祥晃 )

化学プラントの静電気危険性の評価と対策

静電気現象は近年の目覚しい研究成果によって複写機、集じん機等、産業上の有効活用が図られるに至っているが、一方ではエレクトロニクス分野の静電気放電による障害問題や化学産業における火災や爆発トラブルといった静電気災害が今もなお後を絶たない。静電気災害防止のためには、工場で実際に生産に携わるオペレーターやスタッフが静電気的な潜在危険要因を発見し、保安防災の専門家に相談することが何よりも重要である。本稿では対象を静電気による火災・爆発防止に限定し、静電気災害防止に関して工場で生産現場に携わる人が知っておくべき静電気帯電ならびに放電現象について紹介するとともに、災害防止技術と当社で実施している静電気危険性評価手法について紹介する。
( page 55~64 by 太田 潔 )

【技術紹介】ペット病理診断事業と今後の展開

【技術紹介】シリコーン系難燃ポリカーボネート樹脂の開発と展開

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader®が必要です。