現在地
HOME > 研究開発 > 研究報告 > 研究開発論文 > 住友化学 技術誌 2007 - II (2007年11月30日発行)

研究報告

住友化学 技術誌 2007 - II (2007年11月30日発行)

新規屋内塵性ダニ防除剤アミドフルメト(パンダック®)の発明と開発

アミドフルメト(パンダック®)は、当社が独自に発明、開発した殺虫剤であり、屋内に生息する塵性ダニ類全般に対し高い致死効力と速効性を有すると共に、既存の薬剤では防除が困難であったツメダニ類にも高い致死効果を有している。アミドフルメトは安定性に優れ、各種製剤に適応可能であり、実使用場面においても高い安全性を有していることから、既に屋内塵性ダニ防除剤の有効成分の一つとして実用化されており、今後とも屋内塵性ダニ特効剤として大きく期待されている。
( page 4~13 by 森 達哉,松尾 憲忠,波多腰 信,田中 康順,於勢 佳子 )

量子ビームを利用したポリオレフィンの構造物性研究

シンクロトロン放射光や中性子などの量子ビームを利用した散乱法は、数オングストロームから数1000オングストロームの幅広いレンジにわたる高分子の階層構造の研究をはじめ、構造と物性との相関を理解する上で有益な情報を与える実験手法である。当社では、研究開発の更なる促進を図るため、放射光施設や中性子施設など社外研究施設を活用した研究を積極的に押し進めている。本稿では、量子ビームの利用技術ならびにポリオレフィンの構造物性研究への応用について、フィルム延伸挙動の観察技術や成形加工品の構造解析などの事例を通して紹介する。
( page 14~23 by 桜井 孝至,野末 佳伸,笠原 達也,山口 登 )

遠心分離機による固液分離操作のスケールアップ

医薬原薬、中間体の製造プロセスの多くは反応・後処理・晶析・ろ過・乾燥操作の流れで構成されている。ろ過操作でトラブルが発生すると品質低下、生産性低下および作業効率の大幅な低下につながることが多く、医薬品製造プロセスにおいてろ過工程を安定化することは重要である。本稿では遠心分離機によるろ過操作における、スラリー給液・ろ過ケーキ洗浄操作条件、ケーキ脱液操作条件を設定するための「小スケール実験から製造スケールへのスケールアップ技術」について紹介する。
( page 24~30 by 高橋 邦壽,塩尻 進 )

離散要素法シミュレーションによるボールミルの設計手法

ボールミルは容器内にボールと砕料を入れ、その容器を運動させることによって粉砕を行う装置である。その装置設計や条件選定の手法は経験的な知見に依存する点が多く、装置のスケールアップも容易ではない。本稿では、転動ミルおよび揺動ミルを対象にして、離散要素法シミュレーションと粉砕実験を組み合わせたボールミルのスケールアップ手法ならびに設計条件の最適化手法について紹介する。
( page 31~38 by 木村 真喜男,鳴海 雅之,児林 智成 )

住友化学株式会社における化学物質管理とリスクコミュニケーションへの取り組み

住友化学(株)の化学物質管理の大きな特徴は、化学メーカーとしての幅広い技術力と広い知見をベースにした総合的な体制を組んでいるところにある。またリスクコミュニケーションの実践に向けては、「地域とともに発展することが企業の使命である」との考え方に基づき、様々なステークホルダーへの「情報公開」と「対話」を積極的に進めている。2007年2月にはこうした当社の取り組みが認められ、化学企業として初の「PRTR大賞2006」の大賞を受賞した。本稿ではこうした当社の取り組みについて概説した。
( page 39~51 by 奈良 恒雄 )

【技術紹介】ポリ乳酸/ABSアロイの開発

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader®が必要です。