現在地
HOME > 研究開発 > 研究報告 > 研究開発論文 > 住友化学 技術誌 2010 - Ⅱ(2010年11月30日発行)

研究報告

住友化学 技術誌 2010 - Ⅱ(2010年11月30日発行)

塩化水素から塩素を製造する技術開発動向とその展望

住友化学(株)は塩化水素から塩素を製造する触媒プロセスを開発し、イソシアネート類製造プラントから排出される塩化水素を塩素へ変換するリサイクル技術として世界で高く評価され活用され始めている。本稿では、塩化水素から塩素を製造する各種技術開発動向とその展望について概説した後、住友化学法における最近の触媒改良技術について解説する。
( page 4~12 by 安東 博幸、内田 洋平、関 航平、クナップ カルロス、大本 宣仁、木下 正博 )

衣料用防虫剤プロフルトリン(フェアリテール®)の発明と開発

プロフルトリン(フェアリテール®)は、住友化学(株)が開発した新しい殺虫剤である。衣料害虫に対して高い防虫活性を示すとともに高い蒸気圧と哺乳動物に対する高い安全性を有するため、衣料用防虫剤の有効成分として優れた性質を持っている。さらに、衛生害虫や不快害虫にも高い効力を示し、日本では2004年よりさまざまな製剤が市販されている。本稿では、プロフルトリンの発明の経緯とその効力、物性、安全性および製造法について紹介する。
( page 13~23 by 氏原 一哉、菅野 雅代、中田 一英、岩倉 和憲、西原 圭一、加藤 日路士 )

エアバッグカバー用TPEにおける高性能化・高機能化

自動車の乗員保護を目的に搭載されるエアバッグ装置は、TPE製のエアバッグカバーと呼ばれる部品で覆われている。エアバッグカバーに用いられるTPEには、重要な要求性能として低温での衝撃性能、および経年後もその特性を保持する耐久特性が求められる。近年、エアバッグの搭載車種、部位の拡大に伴い、エアバッグの構造や形状の違いにより、エアバッグカバー用TPEに求められる要求特性も異なってきている。本稿では、運転席用、助手席用エアバッグを例に、エアバッグカバー用TPEの高性能化、高機能化への取り組みについて紹介する。
( page 24~31 by 大谷 幸介、佐々 龍生 )

制御診断システムの構築と実プラントへの適用

プラントの制御性を改善し、プラントの性能を維持する仕組みとして、制御診断システム(PID Monitor)とPIDチューニングツール(PID Tune)を開発した。診断結果はWeb上に出力され、それに基づいて改善することで、プラント全体の制御性を効率的に向上させることができる。特に、PID Tunは、プラントの運転データを使って、プラントに変動を与えることなく適正にチューニングできるという特長をもつ。本稿ではこれらの技術概要と実プラントへの適用事例について紹介する。
( page 32~39 by 久下本 秀和 )

LC-NMR:最近の進歩

高速液体クロマトグラフィー(HPLC)と核磁気共鳴分光法(NMR)を組み合わせたLC-NMRは、一度の分析で混合物の分離と構造解析を同時に達成できるハイスループット分析手法である。近年、本手法は感度面などの性能向上を背景に、実用性の高い分析手法として幅広く活用され始めた。本稿では、最新のLC-NMRの性能向上の要素となる技術を解説するとともに、研究開発への適用事例について紹介する。
( page 40~49 by 徳永 隆司、岡本 昌彦 )

クロマトグラフィー及びハイフネーテッド技術を用いた医薬化学品製造プロセス開発支援

クロマトグラフィーは有機低分子化合物を取り扱う上で必須の分析技術であり、質量分析等の解析技術と組み合わせたハイフネーテッド技術(Hyphenated Technology)はオンラインでの迅速な解析に威力を発揮する。医薬品原薬(active pharmaceutical ingredients: APIs)、中間体製造プロセス開発において、これらの技術は主として目的物生成の確認、副生物、不純物の把握、解析に用いられ、開発研究を支えている。本稿ではプロセス開発の加速化、製品品質向上に向けた開発支援について、具体例を交えて紹介する。
( page 50~61 by 上田 正史、藤井 好美、中村 智和 )

【技術紹介】トレリーフ®の抗パーキンソン病作用

【技術紹介】PET検査における新たな腫瘍診断薬への挑戦 ― アミノ酸イメージング製剤の研究開発 ―

【技術資料】メタボローム解析技術の開発と今後の展望

【技術紹介】ナノ材料取り扱い作業場の作業環境評価技術

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader®が必要です。