現在地
HOME > 企業情報 > 企業理念 > コーポレートスローガン・ステートメント

コーポレートスローガン・ステートメント

社員として共有すべき「こだわり」や「誇り」について、全社横断的に選ばれたプロジェクトメンバーが議論し、その思いを「コーポレートスローガン・ステートメント」としてまとめました。

コーポレートスローガン

豊かな明日を支える 創造的ハイブリッド・ケミストリー

コーポレートステートメント

私たち住友化学は、17世紀から続く住友の事業精神を引き継ぎ、1913年、銅の製錬に伴い発生する排出ガスから肥料を製造し、環境問題克服と農産物増産をともにはかることから誕生しました。創業から1世紀。私たちは、自社の利益のみを追わず事業を通じて広く社会に貢献していくという凛とした理念のもと、安全・環境・品質に細心の注意を払いながら、時代とともに多様な事業を展開し、絶えざる技術革新で人々の豊かな暮らしを支えてきました。これからも、様々な発想、価値観や技術を融合させて化学の枠にとどまらない新たな価値を生み出すことで、身のまわりの快適な衣食住の実現から、地球規模の食糧問題、環境問題、資源・エネルギー問題の解決まで、積極果敢にチャレンジし続けます。そのために社員一人ひとりが、高い使命感と情熱を持って、切磋琢磨し、日々新しい可能性を追求しながら、課題を突破していきます。世界中に信頼と感動の輪を

コーポレートスローガン・ステートメントにこめた思い

会社の成り立ち、事業精神

第1パラグラフでは、住友化学の成り立ちとそれに密接に関係している住友の事業精神について述べています。

住友は17世紀からこれまで、取引先や社会の信頼に応えることをもっとも大切にするといった事業精神を受け継いでいます。また成文化はされていませんが、「自利利他 公私一如」という言葉も受け継いでいます。住友の手がける事業は、自身を利するだけではなく、国家を利し、社会を利するものでなければならないという考えです。

住友化学の発祥は、まさにこうした住友の事業精神を受け継ぐものでした。住友の中核事業であった別子銅山で銅製錬の際に発生する排ガスの中から有害な亜硫酸ガスを除去し、それを原料に肥料を製造したのが住友化学の始まりです。肥料を製造・販売することで自身が利するだけではなく、「環境問題の克服」と「農産物の増産」というかたちで国家、地域社会に貢献することを目指す会社として、住友化学はスタートしたのです。

語り継いでいきたいDNAや価値

第2パラグラフでは、住友化学の従業員として語り継いでいきたいDNAや価値観について述べています。

住友化学はその発祥から自社の利益のみではなく、事業を通じて広く社会に貢献していくという考え方を大切にしてきました。いつの時代でも化学会社として安全・環境・品質については、世の中から求められる以上に細心の注意を払いながら、絶えざる技術革新を実現することで、人々の豊かな暮らしを支えていくさまざまな製品を提供してきました。

住友化学では、時代の流れとともに、多様な事業を展開してきましたが、こうしたモノづくりへのこだわりはどの事業にも共通しているDNA、価値観と言い換えることもできるでしょう。

住友化学の将来像

第3パラグラフでは、住友化学のこれからのありたい姿、将来像について述べています。

住友化学はこれまで多様な事業の展開、あるいはグローバル展開を通じてさまざまな発想、価値観、技術を育んできました。これらの発想、価値観、技術は住友化学の競争力の源泉となる経営資源と言い換えることができるでしょう。

しかし、こうした経営資源が本社部門、事業部門、工場、研究所およびグループ会社に偏在しているだけでは、新たな価値創造は実現できません。これまでの前例にこだわらず、化学の枠にとどまらない新たな価値の創造に挑戦するためには、さまざまな発想、価値観、技術を持つ従業員一人ひとりが、組織の壁を超えて相互に緊密なコミュニケーションを図ることが求められます。そうすることで、日々の暮らしを快適にする製品から、地球規模で現在我々が直面している食糧問題、環境問題、資源・エネルギー問題を克服する製品まで提供していくことが可能となるのです。

一人ひとりがどうあるべきか

第4パラグラフでは、住友化学の将来あるべき姿を実現するために、従業員一人ひとりがどうあるべきかを述べています。

化学の枠にとどまらない新しい価値を創造していくためには、これまで以上に高い使命感と情熱を持ち、お互いに切磋琢磨し、日々新たな可能性を追求し、課題を突破していくことが求められます。そのためには、「Confidence 信念」「Passion 情熱」「Empathy 謙虚」「Respect 尊敬」「lnnovate 変革」「lnitiate 実行」といったコーポレートバリューを強く意識することが必要です。

こうした一人ひとりの積極果敢なチャレンジと緊密な相互コミュニケーションにより、お客様ばかりではなく、世界中の人々に信頼と感動の輪を広げていく企業でありたいという姿勢を明確にしています。

  • コーポレートバリュー:全従業員共通の「あるべき姿」をまとめたもの

コーポレートスローガン

こうしたコーポレートステートメントに込めた思いを一言で表したのが、コーポレートスローガンです。コーポレートスローガンそのものは短い言葉ではありますが、住友化学がこれまでこだわってきたDNAや価値観とともに、将来あるべき姿を示しています。