現在地
HOME > CSR 社会活動 > 社会貢献活動 > > 「オリセット®ネット」を通じた支援 > TOPICS & NEWS 一覧 > 2016年 > エルサルバドルにオリセット®ネットを提供しました

「オリセット®ネット」を通じた支援 TOPICS & NEWS

エルサルバドルにオリセット®ネットを提供しました

2016年07月21日
住友化学株式会社

住友化学は、このたび、特定非営利活動法人(NPO) オペレーション・ブレッシング・ジャパン(以下OBJ(※1))を通じ、エルサルバドルの妊婦を対象に、長期残効型防虫蚊帳「オリセット®ネット」8,870張を提供しました。現在、蚊が媒介するウイルスが原因で発症するジカ熱が中南米カリブ地域を中心に猛威を振るっています。特に妊娠している女性へのリスクは深刻で、感染すると胎児に重大な身体的疾患をもたらす危険性があるとされています。ジカ熱をもたらす蚊の脅威から妊婦の健康を守るため、提供した「オリセット®ネット」のうち5,000張はエルサルバドルの厚生省を通じて現地の病院・クリニックへ配布され、残り3,870張はオペレーション・ブレッシングの現地スタッフにより、地方で暮らす妊婦一人ひとりに配られています。当社はこの取り組みを通じて「持続可能な開発目標」(SDGs(※2))のうち、目標3(健康と福祉)の達成にも協力します。

※1 オペレーション・ブレッシング・ジャパンは、37カ国で慈善活動を行っている国際NGO Operation Blessing International(※3)の日本での活動を担っている宮城県に拠点を持つ、特定非営利活動法人(NPO) です。災害・貧困・犯罪・戦争によって苦難に直面する人々に対し、その苦難を和らげることに寄与すべく、世界のオペレーション・ブレッシングと連携しながら、積極的に活動しています。 
公式WEBサイト:http://objapan.org/

※2 国際連合が2015年9月に採択した貧困、食糧、健康、教育、気候変動、資源などの地球規模の課題に対して2030年までに達成すべき17の目標のことです。

※3 アメリカ合衆国バージニア州バージニアビーチを本部とした非営利団体です。災害救援、医療扶助、飢餓救済、孤児たちの支援、水質の改善およびコミュニティー開発等の支援活動を行うことにより、世界中の人々の苦難を和らげることを基本思想としています。1978年の創設以来、105カ国2億3,500万人に27億ドルにのぼる物資や支援の提供を行ってきました。現在、世界37カ国に支部があり、活動を行っている国はハイチ・中国・インドネシア・フィリピン・南米およびアメリカ合衆国内において、災害時の支援と復興プロジェクトを展開しています。

写真提供:オペレーション・ブレッシング・ジャパン