現在地
HOME > 研究開発 > 研究所紹介 > 先端材料開発研究所

先端材料開発研究所

表面分析装置

高分子有機ELのデバイス試作評価

新たな事業創出を目的とした先端材料開発の拠点として、ICT、環境・エネルギーなどの分野における高機能な新材料の研究開発を幅広く行っています。具体的には、次世代のディスプレイや照明に用いられる高分子有機EL、クリーンエネルギー分野をにらんだ有機薄膜太陽電池、今後ICT分野への応用が期待されるプリンテッド・エレクトロニクス関連材料などの開発に取り組んでいます。
また、オープンイノベーションや当社のグローバルネットワークを活用した新材料の探索研究、構造解析や計算科学と融合した材料設計や合成・加工技術の開発に加え、事業部門と連携してビジネスモデルの検討やプレマーケティングにも注力しています。

主な研究内容

先端有機材料、機能性無機材料、機能性高分子材料

高結晶性ナノ粒子

住友化学は、染料や医・農薬、合成樹脂・ゴムなどの高分子材料、金属・セラミック材料などの研究開発を通じて、長年にわたり、高度な合成技術や加工技術を培ってきました。このような技術を駆使して、新規事業創出につながる材料・技術の探索研究を推進しています。

基盤技術の研究

コンピュータシミュレーション

構造・物性解析技術やコンピュータを用いたシミュレーション技術は、機能性材料を開発する上で重要な役割を果たしています。構造解析技術、計算科学技術は、住友化学全体の材料開発を支える基盤技術として、開発が進められています。

高分子有機ELの開発

高分子有機ELの発光材料

長年にわたり培ってきた導電性高分子技術を駆使し、液晶やプラズマに次ぐ次世代の薄型ディスプレイや照明用として期待されている高分子有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)の開発に取り組んでいます。

有機薄膜太陽電池の開発

有機薄膜太陽電池

高分子有機EL材料の開発およびデバイス開発において培った高分子材料の設計・合成技術を生かし、有機薄膜太陽電池や有機トランジスタなどプリンテッド・エレクトロニクスの開発に取り組んでいます。

エネルギー関連材料の開発

リチウムイオン二次電池の構造

自動車用途などでの実用化が期待されるリチウムイオン二次電池の正極材など、エネルギー関連材料の開発に取り組んでいます。