現在地
HOME > 研究開発 > 研究所紹介 > 健康・農業関連事業研究所

健康・農業関連事業研究所

温室内での薬剤評価試験

健康で衛生的な生活の実現、食糧の増収や農作業の効率化をテーマとして掲げ、有機合成化学、生物学、製剤技術などを基盤に、新しい農薬や機能性肥料の開発、より効果的で安全な家庭用殺虫剤や感染症予防技術の開発、医薬化学品の効率的な合成方法の開発に取り組んでいます。
世界各地のニーズを的確に研究開発に反映させるため、海外拠点との連携を図り、事業と研究開発のグローバル化に対応しています。

主な研究内容

新規農業化学品の開発

健康・農業関連事業研究所では、新規化合物の創製とその性能評価から、製法ルートの探索や製剤処方の検討など、農業化学品の新製品開発に必要な研究を担当しています。性能だけでなく、安全性や経済性においても優れた製品とするため、他の研究所と共に一丸となって開発研究に邁進しています。

農薬の開発・改良研究

海外での農薬試験

国内やアメリカ、フランスにある試験農場を活用し、新しい農薬の実用性評価を迅速かつ的確に実施して、新製品の効率的な開発を進めています。
また、既存の農薬をさらに使いやすくするために、新しい施用方法や製剤の開発にも取り組んでいます。

家庭用殺虫剤の開発研究

家庭用殺虫剤試験

新規家庭用殺虫剤の創製だけでなく、新しい施用方法や施用装置の開発によって、付加価値の高い商品を生み出しています。
また、「オリセット®ネット」の開発・改良を通じて、マラリアなどの感染症予防に貢献しています。

医薬カスタム研究

医薬原体

当社の誇る有機合成技術を駆使し、医薬化学品の効率的で競争力のある合成法を開発します。また、不斉有機触媒反応、芳香族クロスカップリング反応や酵素反応など独創的なキーテクノロジーを開発しています。