現在地
HOME > 研究開発 > 研究所紹介 > 工業化技術研究所

工業化技術研究所

蒸留装置を用いた基礎実験

ケミカルプロセス・加工生産技術の開発や、既存プロセスの改良に関する工業化研究を行っています。
また、環境技術をはじめとする生産を支えるさまざまな専門的技術に関する研究開発にも取り組んでいます。

主な研究内容

ケミカルプロセスの開発

気相法ポリプロピレン製造プラント

これまで蓄積してきた化学工学やエンジニアリング技術を駆使し、新たな製品の工業的生産プロセスを構築するために、ラボスケール実験からパイロット実験までを行い、プロセスフローと設備の基本設計を完成させます。プラント完成後の安定運転まで協力し、基礎研究部門や製造部門と一体となって、安全性と地球環境に配慮したプロセス開発に取り組んでいます。

機能製品の開発

高分子有機ELの発光材料

リチウムイオン二次電池の構造

ICT・表示材料(薄型ディスプレイ、照明用の高分子有機EL、新規光学フィルムなど)や、エネルギー関連材料(リチウムイオン二次電池の部材など)といった新規の優れた機能をもった加工組立型製品の工業的生産プロセスの開発に、他の研究所とともに取り組んでいます。

工業化技術研究所は、樹脂成形、製膜、微細加工、裁断/梱包、検査、クリーン化技術といった加工組立型製品の生産に必要となる要素技術を強みとして、革新的生産技術の確立を目指しています。